☕5日間無料メール講座「3,000円を実際に引き寄せてみよう」☕   
      ご登録はこちらから♪。

2018年02月15日

3/4セミナー日程が合わない方に。

遠方であったり日程の都合が合わずにセミナーが受けられない、
という方からお問い合わせがありました。

なぜか京都が2件、横浜の方が1件。

この週末に個別のセッションを初回3000円1時間ということで
それぞれ提供させていただくことになりました。

結果につながるのに必要最小限な知識とモチベーションを
伝授するセミナー、セッションです。

なにか始めるにもなかなか始められない方の
最初の一歩を踏み出す足場を作ることが出来ます。

同じく
遠方であったり日程の都合が合わずにセミナーが受けられない
という方は以下こくちーずページ内「主催者にお問合せ」ボタンよりお願いします♪

http://www.kokuchpro.com/event/c40896106a1703857b4a2230afbcacc4/
posted by きよしろう at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

0からの実績例〜クラウドファンディング編

自分にも最近起こっている3ヶ月体験、シェアしてみます。

去年突如と気になり始めた「クラウドファンディング」。
自分もいつか案件をクラウドファンディングしてみたいな、
と思いました。

ただクラウドファンディングとはいえど、サイトの名前もよく知らない
という0からの出発です。

まず何をしたかというと、ネット上のコミュで
「クラウドファンディングの研究会」を立ち上げました。

サイトの名前も知らない状態でです。

すると実際に外国のお菓子をひろめるためにクラウドファンディングでお金を
募りたい、という人と知り合いになりました。

その案件を「ビジネスプランとして固めよう」ということになり、
商工会議所の方やその他いろいろな方と協力しつつ企画書を
練り上げることに。

これが最初の3ヶ月に起こったことです。

プランを練り上げたはいいものの、実際にお菓子を受入れてくれる
人を探しているときにダメ元で話しておいたところちょうど3ヶ月後に

「イベントのteatimeのお菓子が欲しいので50人分お願いしたい」
というオーダーが。

そしていま3ターム目の3ヶ月にさしかかっていますが、クラウドファンディングの
講座を受けに行き、中の人にお会いすることができました。
ちょうどこの講座を見つけてから3ヶ月後。

英語学習のようにノウハウが蓄積されていてやればやっただけ効果が出る、
というものと異なり、「新しい何か」というのは大量に行動をしたくても、とっかかり自体がありません。

またクラウドファンディングだけをやっているわけではありませんから、
適切な方法論がないと「いつかやれたらいいね」となってしまいがちです。

講座ではとっかかりのみえない案件でも3ヶ月で着実に実績を積み重ねていく方法を
お知らせします。

3/4表参道でセミナーをやります。

「キャリア・副業0から3ヶ月で初めての実績を作る方法」
http://www.kokuchpro.com/event/c40896106a1703857b4a2230afbcacc4/

facebookページや告知ページはまだ作成中ですが、ご興味のある方は空けておいてくださいませ♪
https://www.facebook.com/overseas.36/
posted by きよしろう at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

3/4@表参道「キャリア・副業0から3ヶ月で初めての実績を作る方法」

「キャリア・副業0から3ヶ月で初めての実績を作る方法」
http://www.kokuchpro.com/event/c40896106a1703857b4a2230afbcacc4/

内容を書きました。
編集作業もまだまだしなくてはいけませんが。

副業というと「会社の規定が・・・・」などと気にされる方もいらっしゃいます。

ただ売上が上がってもないのに副業がどうのこうの、というのは捕らぬ狸の皮算用
というのが実状です。

実際うまくいくと思って始めた副業も売上はほとんどが上がりませんし、
一時的に上がったとしても続かないです。

自分が今回のセミナーで行いたいのは、やりたいことが今と全く関わりのない
キャリアチェンジだったり、新しいことをやるときにどのように準備していくのか?

ということです。

たとえば売上が上がらないにしても頑張っていたら仕事上では会えないような人脈に会えたり、
ということがよくあります。

当然売上が実際にあがるのも実績ですが、自分がやりたい仕事に繋がるような実績の作り方、
新規事業でも売上だけではなく自社にあっている方向性に進む実績のあげ方、というのにフォーカス
しています。

興味をお持ちの方は表参道で会いましょう。


posted by きよしろう at 18:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

3/4表参道にて久しぶりにセミナーをやります。

3/4表参道でセミナーをやります。

「キャリア・副業0から3ヶ月で初めての実績を作る方法」
http://www.kokuchpro.com/event/c40896106a1703857b4a2230afbcacc4/

facebookページや告知ページはまだ作成中ですが、ご興味のある方は空けておいてくださいませ♪
https://www.facebook.com/overseas.36/


posted by きよしろう at 17:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

コツコツと種を植える

1年を振り返ると、「成果」という形にまで結実するものは
0から始めた場合、2,3年はかかっているように思います。

そもそも「始めた」だけで形にならない多くありますし、
始める以前の情報収集だけで終わるものはもっと多いでしょう。

3年レベルで成果の上がったものというと、今も続いているキャリアカウンセリング
を筆頭に、英語、中国語、ダンス、といったものがあります。
息子も小学1年で一生モノの成果となります。

その他勉強面ではコミュニティに属して色々と勉強をちょこちょこしており、
マネーのリテラシーも自分にあった形で身につけてきました。

今年はゴルフ、スキー、スノボ、ウェイクボード、ロードバイク等も始めていたのに気づきます。
年に1回行くだけでも大分上手になるものもあります。

仕事、趣味も含めてコツコツ種を植えていきたいです。













posted by きよしろう at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手帳、どう使ってますか?

そろそろ10月始まりの手帳なども出そろってきますね。

かくいう自分も手帳は結構好きなのですが、ほぼ日手帳だとかそういうのではなく
最近はマンスリーの薄めの手帳に落ち着いています。

ただこれ、普段持ち歩くようとしては、ということで、
実を言うと流行の手帳が出るとサブとして買っているのです。

○○式手帳というのは結構高く、今年は流行の「逆算手帳」と「citta」を追加で買ったのです笑。

この2冊をアマゾンで買って、10000円以上払っています笑

正直言うとこうした手帳が数年後も残っていてくれるかはわからないのは
織り込み済みで、手帳と言うよりは「ノート」という感覚で考えています。

セミナーでもワークをやるときに、印刷物にワークを書き込んだりするモノがありますが、
たいていどこかへやってしまいがちです笑。

書店であるような「○○実践ノート」もやったとしても今度は読んでしまったという満足感
で見返さないです笑。

手帳、だとなんとなく見返すことがあるんですね。年に2,3回、なぜか。
これ、手帳という形式が無意識に働きかける部分ですよね。

基本的にきっちり細かくやろうとすると挫折するので、挫折することを前提に
「書く量を増やす」「ワークに取り組む量を増やす」とするだけで、
よしとしています。

実際書く量に比例して実現数は多くなっていますので、
欲張りすぎず、これからもやっていこうと思います。
















posted by きよしろう at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

10年ちょっとを振り返る。

10年ちょっと前、なかなか将来というものはみえない状況だった。
とはいえダメ元でやっていたら10年後はそれなり。

たとえば10年ちょっと前に英語を習いだして、英語を使う部署やら
海外で仕事がしたいな、と思っていたら忘れた頃の10年後に実現。

30頃には結婚したいな、んで跡取りは作らなきゃ、ということで
これも実現。

だからって小遣い全くなしというのも、、、、と思っていたらこれも
実現。

ドトールくらいには気兼ねなく行きたいな。まぁ実現。

受けたいセミナーはがつっと受けたい。3週間もかかるセミナーも
なぜか受けられた。

人間関係も自然と積み上がり、

住みたい沿線に住めた。

なんだかんだセミナーやセッションをコツコツ受けたのがよかったように思う。

犬とくらしたり、クルマに乗ったり、住環境をよくしたり、
もっと力を発揮できる仕事を引き寄せたり、ということもしていけるかな、と。

人間関係が積み上がったというのも「セミナーに何百万かけてもうまくいかない」
というのではなくきちんと成果を上げてる人と知り合っているからだと思う。

10年までは行かずとも当時を知っている人もいるわけで、そういう人なら
眉唾ものでないこともわかってくれるだろう、という安定感もある。

こういう話はやっぱりあえてしていきたい。



posted by きよしろう at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

投資理論でわかるキャリア選択

投資というと必ず出てくるのが「リスク」という概念です。

いろいろな意味があるのですが、とりあえず「リスク:わからないこと」と
しておきます。

「リスクをとらなければリターンがない」くらいはよく耳にすると思います。

「ハイリスク、ハイリターン」「ローリスク、ローリターン」。

どうもいわゆる経済投資に興味がなかったので、
リスクに挑戦しろ、といわれても追い立てられてるようで、
仮にリターンを得ても気が気でなくだったら面倒くさいから
手をつけたくない、というものでした。

ここでいうリターンとは基本的に金銭でしたが、
リターンを「効用」にまで広げるともう少し身近に感じます。

どちらかというと仕事に関してはわかりきったことよりも
新規の「わからない」ことが多い方が得意で、かつ充実感も大きいタイプです。
一方で誰でも出来る結果の確実は仕事は苦手です。

「ハイリスクがハイリターンであり」「ローリスクでマイナスのハイリターン」という
タイプです。

キャリア的にも新規の事業が評価されがちで誰でも出来る方がキャリアとしての評価も
低くなりがちですから、自分の場合はハイリスクの方にチャレンジした方がよいわけです。

もう一つでいうと「分散投資」。リスクは分散させなさい、というもの。

若い頃はこの感じがいかにも「小賢しい」という感じでいやだったのですね。

「○○に人生かける!!」みたいな方がかっこいいし、充実感もありそう、と。

ただ、そうはいっても基本そこまで人生かけられることも見つからず、悶々とする、
というパターンが多いのだと思います。

また「○○に人生かける!」といっていた人が案外数年で息切れして姿を消す、
というのも複数目にするにつけ、段々と小賢しくなるわけです笑。

自分の場合は失敗しないように保険をかけておく、という発想ではなく、
飽きっぽいから飽きないように複数逃げ道を作っておくというスタイルでした。

結果的に分散投資と同じくポートフォリオが組めていて、都度都度
各項目にさくリソースを組み替えていく、という感じでいろいろなことを
それなりに成果が出るまで継続することができています。

「結果が出るまで決して諦めない!」のではなく、
むしろ最初から諦めることを前提に、諦めたときにやることを決めておく
といった感じでしょうか。

あるいは諦めたくなるような閾値を超えない程度に軽い小口の投資行動に
しておく、ということです。
posted by きよしろう at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怠け者の人生選択その2


10年を振り返って中途半端だったもの
・経営の勉強
→資格試験の勉強にまで手を出してみたものの、
すぐに実践できるものではなかったので、わかりやすい
キャリアにはまだなってません。

・投資の勉強
→株式投資などやっている人は20年以上前からやってますよね。
これも本など読んだり、日経も読もうと思いました。
理解できる頭も資質もむしろある方ですが、動機づけがなく勉強だけで
実践には手をつけてません。

・スポーツジム
→一時期通っていました。
スタジオレッスンも好きでしたが、
ことシェイプアップや筋力などわかりやすい成果は
あげられませんでした。
健康診断項目についてはすべて問題ないものの
毎年1キロずつ体重が増えてしまう、という典型的なパターンでした。

この3つについては重要性はあるものの、タイミングという点で言うと
「いつから始めてもよい」性質のもので緊急性の縛りが弱いという点が
共通してます。

ただ成果の中途半端だったこれらの項目についても
ダウンサイジング、切り口や対象をかえることで軌道に乗せています。

たとえばスポーツジム。
移動や準備という時間コスト、金額コストがリターンに対して
あってないところが問題でした。

最近は一般的にもホームトレーニングが流行ですが、
移動したり、準備したりしている間に家で出来てしまう程度の
トレーニングにダウンサイズしたところ3,4キロ減量に成功しました。

経営と投資に関しても何がダメだったかというと
人間の雰囲気ですね。どうも銀行員のようなおもしろみのない人間の
雰囲気が出てきてダメだったのを、面白い、と感じられる人を通じて学ぶ
だとか、座学メインでなく実践メインの内容に接することで徐々に成果が出てきています。

投資に関して言うとキャリア選択そのものが投資理論で説明できるとこがあり、
対象を変えることで知識を生かせることもわかってきました。

投資理論でわかるキャリア選択というのは別に書いていきたいと思っています。
posted by きよしろう at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怠け者の人生選択

40年も生きているとそれなりに「結果を検証する」
程度のスパンはあります。

少しそんなことをやってみようと思います。

10年を振り返って結局うまくいったもの

【しておいてよかったと思うモノ】
・就職
→プレーヤーとマネージャーの両方が経験できたのは組織ならでは、
という気もします。

・英語
→ベタですが、その後のキャリア、結婚にも繋がりました。

・結婚
→就職同様、適齢期というのがあるのでそこは逃さないように、
と思っていました。

・子育て
→これも考え出すとダメですね。

4つに共通しているのはタイミングですね。
あと中長期で効果の出る項目であること。

新卒では就職という概念すらなく、ぷらぷらしてました。
いつかやりたいコトって見つかるだろう、とか、
日本が破滅するかもしれないとか思いながら笑。

それでしょうがないと言うことで、
「自分の様な怠け者はリミットを決めてコミットしないとダメだ。」
ということを重々学びました。

わかりやすく言うと「30までには結婚」。

よくある批判としては
「もっといい人が出てくるかもしれない」
「年齢だけで選んでいいの?」
というもの。

まあそうです。
ただ自分は怠け者なのでずるずる行くだろうなと
思っていたので。

要するに実は「どうしてもやりたい」ってことって
そこまでないと思うんです。

しかも人生選択するにしてもプラスとマイナスだと
リスクに対する不安というマイナスばかりが顕在化してるし。

どの項目も始めた頃はプラスマイナスでいうとマイナスの方が
多かったのを後付けでもちなおしてプラスにしていきました。

あまり思い入れを持ちすぎず、タイミングで流されて始めて、
実際にやってみて思い入れを積み上げていく、というスタイルが
怠け者の自分にはあっていたように思います。

posted by きよしろう at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする